シンクロニシティとは

シンクロニシティとタロットカード

タロットカードをたしなむ方も比較的多いと思います。
そしてタロットがよく当たる、正確だと感じている方も多いのではないでしょうか?ここからオカルトの世界に入ってしまうようですが、タロットはシンクロニシティの塊です。

タロットは元来、遥か古代に賢者が設計した時空間を制御するコンピュータの名残だと考えられます。カードゲームなどではありません。宇宙の幾何学的なシステムを熟知してシンクロニシティのシステムをフルに使い、組み立てられたコンピュータの一部であろうと考えられます。

一枚一枚タロットをめくる瞬間こそシンクロニシティであり、人の意識と幾何学が作用して意識のマッチングが起こる瞬間です。

タロット占いの段階でさえ、多くの人がなぜこんなに過去、現在、未来がわかるんだろうと思っていらっしゃる方が多いと思いますが、タロットはどんどん突き詰めていくと時空コンピュータであるとわかってきます。

それはまるで生命のDNAと同じ相似形の仕組みを持っているとわかってきます。
シンクロニシティのマッチングシステムを介して、時空ゲノムと言ってよいコードがタロットから無尽蔵に出現してきます。
ここからがタロットとシンクロニシティの時空コンピュータの真骨頂です。
タロットカードは単なるカード占いではないんです。

カード占いの段階でも驚くほどの精度を誇りますが、シンクロニシティが織り成す時空ゲノムの解析はもはやコンピュータの世界です。
その出来事が起こるのがいつ世界のどの場所か?まで解析できるはずです。
そしてシンクロニシティが織り成した時空ゲノムのコードが同じ人を抽出すれば、それはその問題を共有する集合意識まで辿ることができるはずです。

ユングが深層心理とシンクロニシティを分析する上で最も重視していた「集合的無意識」は時空ゲノムの解析により起こる問題によって、より明確により具体的に抽出して、問題の解決に当てることが可能なはずです。集合的無意識ではなく集合意識を問題に応じてより細分化できるはずです。

よってシンクロニシティは本来は星座別という大きな枠ではなく、もっとパーソナルな所から始まるものです。
一個人から出発して大きな集合意識まで辿る為のシステムがシンクロニシティであり、集合的無意識からシンクロニシティが展開するのではなくて逆です。
シンクロニシティが織り成す時空ゲノムから集合意識へ辿り着く為のシステムです。

シンクロニシティとパラレルワールド

古代エジプト幾何学を辿っていくとこの宇宙は多次元宇宙、パラレルワールドであると示唆を受けます。そして基本の多次元に展開する幾何学パターンは同じなので、パラレルワールドの、どの時空間の中でもシンクロニシティは同じように作用すると推測されます。

ただし、ある事象についてある人が、Aという選択とBという選択をした時空間は異なるので同じ人でも作用しているシンクロニシティは異なるシンクロニシティが、各々の時空間で作用していることになります。

前述した免疫システムで例えれば、Aの選択をした時空間ではウイルスによる感染症になりBという選択をした時空間では、事故による外傷を負ったとして、どちらも免疫システム(シンクロニシティ)は作動しますが、詳細は異なるのと同じです。

古代エジプト幾何学の展開を辿ると、パラレルワールド間におけるシンクロニシティは情報を伝達しあい、共有できるであろうと推測できます。
異なる時空間のシンクロニシティがインタラクティブ(相互)に情報交換を行いパラレルワールドの最適化も同時に行っていると考えられます。

つまりシンクロニシティはこの瞬間の”今”というAの世界、Bの世界、Cの世界というパラレルワールドの各世界で、それぞれの世界の問題に対して作用し情報を共有して最適化を計っているということになります。

シンクロニシティと過去・現在・未来

多くの人が時間というのは過去→現在→未来と流れていると考えています。
しかし、古代エジプト幾何学は大変ユニークな時間の構造を提示しています。
それは、過去・現在・未来はこの瞬間、同時に存在するのです。
シンクロニシティも同じように、過去・現在・未来と同時に存在することになります。

これは前記したパラレルワールドと同じことで、過去・現在・未来は同時に存在していてそれがいくつも違う選択をした過去・現在・未来と複数存在することになります。シンクロニシティのシステムは過去・現在・未来の全ての時空間と同じだけ存在し機能していると考えられます。

シンクロニシティと自由意志

ここで少し古代エジプト幾何学と時空間の仕組みについてもう少し具体的に踏み込んで解説させてもらいます。なぜならシンクロニシティと自由意志を語るのに必要だからです。

古代エジプト幾何学を辿っていくと、この瞬間から接続する未来の空間は6つあります。言い換えると未来への選択肢は6つあります。例えば普通のOLをしているA子さんは芸能人を夢見て毎日OLの仕事に励んでいるとします。
1年後、2年後は芸能界デビューしているかもしれません。
しかし、この今という瞬間に接続している未来空間は6つありますが、そのどれにも芸能界デビューしている空間はありません。これはおわかりいただけると思います。

この瞬間に接続或いは隣接していると表現した方が、わかりやすいかもしれません。隣接している空間なのだから芸能人になっているわけありません。シンクロニシティは強制するのではなくあなたの自由意志、夢、希望に応じて宇宙の流れに沿うものかどうかを教えてくれます。

このA子さんの場合、シンクロニシティは芸能界入りする為に6つの空間のうちどの空間に接続するのが最も芸能界入りの可能性が高いのか直接、間接的に導いてくれます。

たとえ夢を追うのがどうしても無理、難しいという場合でもA子さんに適した未来を最適化するのには、どの空間を経由するのが最適なのかをシンクロニシティは示唆してくれます。

人は自由意志100%と運命100%の200%の生き物です。
自由意志は最大限尊重されますが、持って生まれた星の影響も無視できません。