シンクロニシティとは

シンクロニシティと運命

シンクロニシティはこれまで述べてきた通り、過去・現在・未来、パラレルワールドのどの世界でも同じように作用するものと考えられます。
では、シンクロニシティがどんなに働いてその都度何かしら修正しても、運命はもう決まっているのでしょうか?そんなことは、ありません。

人生全体を占うというと、西洋占星術やインド占星術、四柱推命や紫微斗数など色々あります。これらは生年月日を基にホロスコープを割り出して人生の傾向を読みときます。

当たる場合もあれば、当たらない場合もあるでしょう。
これら生年月日や生誕時間をもとに星の配置を見て人生を占う方法とシンクロニシティでは決定的な違いがあります。

シンクロニシティは”今”この瞬間が全てだといことです。
今という瞬間のあなたの選択や感情、考えを基に宇宙の免疫システムを作動させます。ですから”今”のあなたが変われば、シンクロニシティもどんどん変化します。固定された運命を前提としていません。

前記しましたタロットカードも同じです。”今”この瞬間が全てなのです。
シンクロニシティ(タロットカードも含む)に私の人生は将来どうなると聞いても答えてくれますが、それはその瞬間のあなたを基準に答えているので、あなたの考えや発想、選択が変われば変化します。シンクロニシティは生き物でもあるのです。

さらに古代エジプト幾何学を見てみると、現在の空間から外側(未来)へ広がれば広がるほど交わる空間は増えていきます。万華鏡のようにです。それら数多くのどの空間に接続していくのかは、一瞬一瞬の積み重ねが決めていくことです。

よってあなた次第でシンクロニシティも未来も変化します。
占星術にしろ四柱推命にしろ主人公の”人”の変化に応じて変化するでしょうか?
するとしたら、占う人のその場のアドリブ?よく言えば直感?で変化することはあるかもしれませんが、自動化した場合変化はしません。
シンクロニシティ的に言えば、これは本末転倒でホロスコープが先にありきで主人公は”今”を生きて絶えず変化する”人”ではなくて、星の配置が主人公になってしまっていて、人が逆に星に縛られる形になってしまいます。

自然も人も絶えず変化しているのです。
だから天気予報のように、過去何十年分の統計データがありAIによるシミュレーションでも外れることがあるのは、自然が動いているからです。

ましてや人はもっと瞬間瞬間変化していて、そこには人や物との縁も働き、感情や考え方も変化し続けます。結果、行動も変化します。なぜならそれが”生きる”ことだからです。こうして自由自在、無限の可能性を持ち日々一生懸命生きている人を生まれ落ちた星ごときで、定義される必要もする必要もありません。

何度も申し上げますが中心は”今”を生きるあなたであって、ホロスコープではないんです。人生のひとつの傾向として参考書程度に留めるべきで深入りして星に縛られてはいけません。

シンクロニシティと占星術や推命術の類いは明確に一線を画します。

勿論、万華鏡のように広がるあなたの未来空間が無限だとは言いません。
しかし古代エジプト幾何学的に展開していくと幾何学的には無限の可能性があります。シンクロニシティから見れば、長いあなたという魂の遍歴(多くの転生)において、その途中で今回はその生年月日、生誕時間に生まれたというだけで運命など決められるものではありません。

勿論、今回の生であなたがその生年月日、時間、場所に生まれたのは偶然ではありません。そこに人生の傾向もあり使命もあるでしょう。
でもそれが全てではありません。あなたの自由意志も最大限シンクロニシティは尊重しますが、適していなければ警告します。

基本的にあなたの人生はあなたが創造しているのです。
その創造の最適化のブレーンがシンクロニシティという有機的で機械的なシステムです。

シンクロニシティとカルマ

シンクロニシティに耳を傾けだすと実感しますが、シンクロニシティはあなたの惰性や悪習慣を正しなさい、見直しなさいと必要な時には何度も言ってきます。
惰性や悪習慣というのは正にカルマのことで、前記したようにシンクロニシティは”今”というこの瞬間を指摘してきます。あなたの惰性や悪習慣の積み重ねが、あなたの運命を鍾乳洞の鍾乳石の様に、1滴、1滴、積み重ねて大きな運命を形成します。

ですからシンクロニシティをブレーンとして耳を傾けながら生きるというのは、大変な戦いになります。人生の最適化、宇宙の進化のベクトルから外れていればいる程、まるでダイエット中のような自分との戦いでもあります。

しかしシンクロニシティは精神的に休息が必要だ、これ以上無理をする必要はないという、心身の管理もちゃんと指摘してくれます。
怒りを抑えなさい、自分の邪推による緊張を恋人に押し付けるな!とシンクロニシティは遠慮なくあなたの感情のパターン、恋愛パターンも鋭く的確に指摘してきます。

これは表現を変えれば、あなたの感情のカルマ、恋愛のカルマとも言えます。
カルマとは元来、「行為」を指す言葉ですがあなたの感情パターンが行為に繋がり、結果を生みます。そういう意味では感情パターンも立派なカルマです。

シンクロニシティと時空間イメージ

シンクロニシティと時空間をイメージングしてみたいと思います。
まず時空間は透明なシャボン玉だと思ってください。
このシャボン玉が無数にくっつき合っているのが、古代エジプト幾何学の時空間イメージです。

その無数のシャボン玉の中を貫くように、シンクロニシティの神経シナプスが張り巡らされています。

ここで大事なことはこのシャボン玉の空間は過去・現在・未来もパラレルワールドも全て同時に存在していてインタラクティブに影響し合っていますが、その中心は”今”というこの瞬間です。

今のあなたのシャボン玉だけが色を帯びていてカラーの空間です。
その他の無数のシャボン玉は全てモノクロです。
モノクロですが、どのシャボン玉にもあなたは存在していて、まるでモノクロの無声映画のようにカラーに彩色された”今”という瞬間と同時に存在しています。
全てのシャボン玉には、勿論シンクロニシティも機能して作用しています。

これは、あくまで”今”という或いは、現在という時点から描写した宇宙の時空間とシンクロニシティのイメージです。シャボン玉の存在する空間は無限です。

もし、あなたがタイムトラベラーで全ての時空間にテレポーテーションできたとしたら、カラーに彩色されたシャボン玉が次々と移動するでしょう。
そしてタイムトラベラーのあなたにも、何ら変わりなくシンクロニシティは動じず作用します。

現在に接続している6つの未来空間で説明しますと、あなたが乃木坂46のライブに出掛けるとして京都会場、東京会場、名古屋会場、札幌会場、福岡会場、払い戻して中止するという6つの選択肢があったとします。
あなたの現在のシャボン玉に円を描くようにくっついた近未来のシャボン玉は乃木坂46ライブの何処かの会場に行くシャボン玉と中止したシャボン玉の計6つがくっついています。

今は現在なので、中心のシャボン玉がカラーで部屋に明かりが点いている感じです。乃木坂46のライブ当日がやって来ました。あなたが選んだのは名古屋会場のライブです。すると6つあったシャボン玉のうち乃木坂46名古屋会場だけがカラーで明るく点灯します。

他の5つのシャボン玉は中止した空間を除いて乃木坂46のライブは行われますが、空間自体はモノクロです。
全てのライブの開場がP.M.6:30分だったとして中止のシャボン玉を除く5つのシャボン玉は同時に乃木坂46は歌って踊って動きますが、選択された名古屋会場だけが、美しくカラーで色を帯び声を張り上げてあなたの意識という電流が流れ込んだ空間です。

あなたの意識という電流が流れ込まなかった5つの空間はモノクロの無声映画のように色を帯びていなくて無機質な感じです。

これは、あくまでイメージです。厳密な部分や論理は割愛しています。

シンクロニシティと会話する習慣をつけよう!

宇宙は、シンクロニシティという作用を通して私達の人生が、より豊かに実り多く、進歩的で調和的であるよう調節しようとしてくれますが、問題はサインの受け手側である私達が全て汲み取って活用しきれないということです。

そこで当ブログは誕生しました。

シンクロニシティの波のうねりが最も高まる時間帯と、その内容を12星座別にピックアップ!

十二星座別にシンクロ波が最高に高まる時間帯と内容を占います。

無料。毎日更新。

鍵を握る惑星時間

最高に高まるシンクロニシティの波を、捕捉する鍵を握るのが、惑星時間です。

火星、水星、木星、金星、土星といった太陽系の五つの惑星と太陽、月を合わせた七つの天体には、それぞれ1日のうちで霊的エネルギーが最も高まる時間帯があります。

これは何千年も前のインドの仙人(シッダ)の教え説いた知識です。

これら特定の時間帯に焦点を合わせてシンクロニシティを導き出す為に、インドの仙人達の知識を更に遡る悠久の古代に使われていた、深遠な知識を用い、月の満ち欠け、公転周期も考慮しながら時間帯を絞った星座別のシンクロニシティを捕捉していきます。

七つの天体がそれぞれ支配する星座

太陽-獅子座

月-蟹座

火星-牡羊座、蠍座

水星-双子座、乙女座

木星-射手座、魚座

金星-牡牛座、天秤座

土星-山羊座、水瓶座

シンクロニシティ検索へ